愛の不時着 1話あらすじネタバレ感想!初回であったことをおさらい!

4 min
愛の不時着

日本に新たな韓国ドラマブームを巻き起こした「愛の不時着」。

北朝鮮に不時着した財閥の娘ユン・セリ(ソン・イェジン)と、セリを助けた北朝鮮の将校リ・ジョンヒョク(ヒョンビン)のロマンスを描いたドラマですが、コメディ様子もたっぷりで本当に面白い!

今回は「愛の不時着」1話のあらすじとネタバレ感想を交えながら、初回であったことをおさらいしていきます!

愛の不時着 1話あらすじ

韓国の最高財閥クイーンズ・グループの末娘で、自身でもブランドを立ち上げその手腕を発揮している、ユン・セリ。新商品テストのために自らパラグライダーを装着し空へと飛び立っていきます。すると、突然の竜巻に襲われ、辿り着いた場所は、北朝鮮が管轄する非武装地帯でした。

パトロール中だった北朝鮮の軍人リ・ジョンヒョクが、セリを発見しますが、その場から逃げていくセリ。ようやく韓国に着いたと思っていたが、セリの目に飛び込んできたのは北朝鮮のとある町。

そこに現れたジョンヒョクと再会したセリは、彼の家にかくまってもらうことになります。

愛の不時着 1話のメインキャスト

  • リ・ジョンヒョク役:ヒョンビン
  • ユン・セリ役:ソン・イェジン
  • ピョ・チス役:ヤン・ギョンウォン
  • パク・グァンボム役:イ・シニョン
  • キム・ジュモク役:ユ・スビン
  • クム・ウンドン役:タン・ジュンサン
  • チョ・チョルガン役:オ・マンソク

1話では、ヒョンビン演じるジョンヒョクが所属する北朝鮮部隊の部下たちが登場します。

この部下たちとのやり取りがとにかく面白いんです!ひと癖もふた癖もある人たちばかりで、普段はクールなジョンヒョクも、この部下たちと絡むとなぜかおもしろキャラに変わります。

愛の不時着 1話ネタバレと感想

セリの暮らし

セリは、韓国の最高財閥クイーンズグループの末娘。自身でも実業家として、ブランド「セリズ・チョイス」を立ち上げ、その手腕をふるっていました。

ある日、父親から呼び出され久しぶりに実家へと帰るセリ。そこで、兄2人ではなくセリを後継者とすることが発表され騒然となります。兄2人はとにかく後継者という器ではないので、セリを選んだ父親はさすが見る目があると思いました!

ですが、セリは父親が外で作った子どもで、家族との関係がうまくいってないんですよね…。だから、セリが後継者となると言われ、露骨に嫌味を言う兄に、夫が後継者になることだけを望む嫁たち。母親もセリが後継者になることには猛反対でした。

ですが、セリは後継者になることを快諾!泡を吹いたような顔をしていた兄と兄嫁たちの顔は最高でした。「ざまあみろ!」と、つい言ってしまいました。

こうして見ると、お金もあって、仕事も順調で、セリの暮らしは順風満帆という感じですが、ただ「愛」には飢えていたんですよね。母親はおらず、恋人との関係も長続きしていませんでしたし…。実家にもほとんど寄り付いていなかったのは、ここに自分の居場所はないと思っていたのだと思います。

ジョンヒョクとセリの出会い

そんな時、自社製品のスポーツウェアのテストのため自らパラグライダーに乗るセリ。最初は気持ちよく飛んでいたのですが、急に雲行きが怪しくなり、竜巻に巻き込まれてしまいます。

そして、目を覚ましたセリがいた場所は、北朝鮮が管轄する非武装地帯でした。

ここでパトロールをしていた北朝鮮第5中隊の軍人リ・ジョンヒョクに発見されるのですが、自分が北朝鮮に不時着したと知ったセリはその場から逃走します。

こんな緊迫した状況なのですが、ここで早速おもしろいシーンがあります。それが、ジョンヒョクが地雷を踏んでしまうんです!

セリはとにかく逃げようと必死なのですが、そこは地雷がたくさんある場所。そこで、ジョンヒョクが「僕は地雷の専門家だ。だから言う通りにしなさい。」と偉そうに言うのですが、そんな専門家が自ら地雷を踏んでしまうという(笑)

全く身動きが取れなくなってしまったジョンヒョクは、うっかりトランシーバーも落としてしまい、部下が来るまでその場で待つしかなかったんですよね…。こんなかわいい中隊長がいる!?その隙にセリはどんどん逃げて行ってしまいます。

ジョンヒョクと部下たち

その後、ジョンヒョクの元に来たグァンボムに地雷の解体をお願いするのですが、過去に1回しかやったことがないと聞いたジョンヒョクは、「君のことは信頼してる」と口では言いながら、めちゃくちゃ心配して口を挟みます。ここのジョンヒョクの表情が、本当に面白くて何度も見返してしまいます。

冷静さを装ってるんですが、グァンボムのことを信用しきれていなくて、挙句の果てにはグァンボムから「僕を信じてるのでは?」なんて言われちゃうんですよね。このシーンは、ジョンヒョクのギャップ萌えポイントです!

この後、セリはどんどん逃げていきます。本来であれば誰かに見つかってしまいそうなものの、部下たちは韓国ドラマにくぎづけになっていたり、母親からの手紙に涙していて、セリの存在に気付きません。

「ちゃんと仕事せんかい!」という感じですが、こんなユルユルな部下たちがこのドラマのおもしろいところです。

チョルガンの不正

ジョンヒョクの上官であるチョルガン。実は、彼は麻薬密輸や盗掘など数々の犯罪行為に手を染めています。

1話でもチョルガンからの依頼で韓国で盗掘を行っていた男たちが、南北境界線で捕まってしまい、北朝鮮軍と韓国軍が一触即発!ですが、ジョンヒョクが、北朝鮮で必ずこの男たちを裁くことを伝え、何とか事なきを得たのでした。

その後、この男たちはチョルガンによって殺されてしまいます。きっと失態をしたために、消されたのでしょう。このチョルガンという男は、今後のストーリーのキーパーソンになっていきます。

セリとの再会

かなりの距離を走ったセリですが、なかなか韓国へ辿り着くことができません。それもそのはず。セリは、韓国に向かって逃げていたのではなく、北朝鮮のとある町へと向かって走っていたのです。

まだ自分が北朝鮮にいたことを知り愕然とするセリ。そこへ、運悪くチョルガンが帰って来るのですが、見つかる直前にジョンヒョクがセリを助けてくれるのです。ここで壁ドンしながら、セリと身をひそめるジョンヒョク。ここで、時が止まります。(韓国あるあるですね!)

1話ラストで発覚するのですが、実は森の中でセリを発見した時、ジョンヒョクはずっと繋がっていない無線に一人でしゃべり続けているセリの姿をじっと見ていたのです。そして、その様子を見てふっと笑うジョンヒョク。

本来なら怪しい女性がいてすぐにでも捕らえるところですが、そうしなかったのはジョンヒョクの優しさではないでしょうか。こうして最後に、ストーリーの裏話があるのも良いですね♪

愛の不時着1話まとめ

元々、韓国ドラマが大好きな私ですが、「愛の不時着」はここ最近見た中でもおススメのドラマです。

メインキャストだけじゃなくて、脇を固めるキャストたちがとにかく素晴らしい!韓国では、ジョンヒョクの部下の4人はかなり有名になったそうですよ!

ラブ・コメディドラマですが、中には感動の友情物語もあり、壮絶な争いも待っています。

これから北朝鮮での生活が始まるセリ。壁ドンのあと、2人はどうなっちゃうの!?2話が楽しみですね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA