梨泰院クラス2話のあらすじネタバレ感想!胸クソ展開にムカつくけどスアちゃんが可愛すぎて天使

3 min
梨泰院クラス

2020年1月から2020年3月まで韓国で放送されていた梨泰院クラス(イテウォンクラス)

2話では、胸クソ展開にイラついたり号泣したりしながら、スアちゃんの可愛さに癒された方も多いんじゃないでしょうか?

現在、日本でも梨泰院クラス旋風というほど大人気で、芸能人の方も見ている方が多いようです。

今回は、そんな大人気韓国ドラマ梨泰院クラス2話のあらすじネタバレと感想を紹介していきます。

梨泰院クラス 2話のメインキャスト

  • パク・セロイ役:パク・ソジュン
  • オ・スア役:クォン・ナラ
  • チョ・イソ役:キム・ダミ
  • チャン・デヒ役:ユ・ジェミョン
  • チャン・グンウォン役:アン・ボヒョン
  • チャン・グンス役:キム・ドンヒ
  • チェ・スングォン役:リュ・ギョンス
  • マ・ヒョニ役:イ・ジュヨン

詳しい日本語訳付き人物相関図はこちらをご覧ください↓

それでは、梨泰院クラス2話のあらすじを紹介していきます。

ネタバレとなる箇所もありますので、知りたくない方はご注意ください。

梨泰院クラス 2話のネタバレあらすじ

チェ・グンウォン(アン・ボヒョン)の元に向かったパク・セロイ(パク・ソジュン)。

セロイを心配したオ・スア(クォン・ナラ)は、警察に連絡をし、セロイの元に向かいました。

意識を失っているグンウォンに向かって、セロイは石で殴ろうとしましたが、ちょうどそこへスアと警察がやってきます。

殴ろうとするセロイに、警察は「石を捨てなければ撃つ」と脅すと、セロイをは「撃てばいい」と泣きながら話します。

スアは「おじさんは、こんなために人生を台無しにすることは望んでいない!」と、セロイのことを説得し、グンウォンを殺さずに済みました。

しかし、セロイは殺人未遂の容疑で刑務所へ…。

グンウォンの父で長家(チャンガ)の会長であるチャン・デヒ(ユ・ジェミョン)が、グンウォンの代わりに庭師を犯人にし、真実は闇の中へ入ってしまいます。

ある日、刑務所に居るセロイに、デヒが面会に訪れました。

そして、グンウォンに土下座をし謝ればチャンスを与えると要求をしますが、セロイは「土下座をするのはお前の息子だ」と激怒し要求を断ります。

その後、デヒはスアを長家に呼び出し、セロイを通報したお礼に学費と生活を支援したい旨を伝えました。

しばらくしてから、スアもセロイの面会に訪れます。

スアは、大学合格したことをセロイに報告し、そしてセロイを通報した代価として長家から奨学金を貰う事を謝罪しました。

スアの話を聞いたセロイは、「間違ったことはしていない。お前が止めていなければ殺人者だった」と感謝します。

そして、セロイに出所したら何をするのかと尋ねるスアに、「前科者は警察にはなれないから、父のように自分の店を持ちたい」と夢を語るセロイ。

その一方で、セロイの父を殺してしまったということに悩まされるグンウォンは、病院を抜け出し、デヒに示談してほしいと明かします。

しかし、「代わりに自首した犯人が罪を償っている最中だ」とグンウォンを宥めるデヒ。

また、罪を認めた時は長家の後継者にせず、愛人から生まれた次男を後継者にすることを伝えました。

そして、デヒはグンウォンを鶏小屋に連れて行き、不気味な顔で鶏を捕まえ、「首をへし折れ」と目の前に出します。

もちろん、「できない」というグンウォン。

頷かないグンウォンに、「長家の人間なら、豚や鶏に申し訳ないという気持ちを持つな」と怒鳴るデヒ。

「この鶏はパク・セロイだ」と言うデヒに、グンウォンは「セロイは家畜」と鶏の首をへし折ってしまうのです。

2年後…。

出所したセロイは食堂に行き、焼酎とコップを2つ頼み、父から教えてもらったように焼酎を注ぎました。

次の日、スアの手紙に書いてあったソウルの梨泰院(イテウォン)に向かうセロイ。

ハロウィン当日だった梨泰院は、沢山の仮装した人で賑わっていました。

そして、偶然にセロイとスアは再会をします。

2人でお酒を嗜みながら、これからどうするのかセロイの尋ねるスア。

セロイは、梨泰院で自分の店を開く予定を明かします。

梨泰院で店を開く予定のセロイに、「週末と平日で賑わいが違うし家賃も高いから向いていない」とアドバイスをするスア。

しかしそれは7年後の計画で、その前は漁師になりお金を貯めるとのことです。

セロイは酔っぱらってしまったスアを家まで送る帰り道…。

スアは、長家に就職することをセロイに謝罪しました。

しかし、セロイは「服役中は君の手紙が心の支えだった。」「君は自分の人生を一生懸命に生きている」とスアに感謝の思いを伝えます。

7年後…。

大学を卒業し長家に就職したスアは、企画室長としてキャリアウーマンになっていました。

スアは会議で梨泰院を訪れると、一軒のお店からセロイの姿が…。

梨泰院クラス 2話の感想

父親を失くしてしまったセロイは、前科者となってしまいました。

2話は、主にセロイの服役中が舞台でした。

やはり長家の会長デヒが本当に腹が立ちますよね。

息子のグンウォンの良心を踏み潰し、挙句の果てに罪を認めたら愛人の息子を後継者にすると言うなんて信じられません。

そして、セロイと面会したと思えば、グンウォンに土下座をしろと要求するなんて!

また、グンウォンを鶏小屋に連れて行き、鶏の首をへし折るシーンは鳥肌が立ちますよね。

私は、怖すぎて画面を直視できませんでした!

その一方で、スアと話しているセロイは穏やかな顔をしていますよね!

1話の無表情なセロイとは大違いです!

セロイとスアのシーンは私もほっこりしてしまいます。

梨泰院クラス 2話のあらすじネタバレ感想!まとめ

梨泰院クラス2話までやってきました。

グンウォンを石で殴ってしまうのかという気になるシーンで1話が終わってしまいました。

あらすじを読んで梨泰院クラスを観たいと思った方は、Netflixで配信しているので是非チェックしてみてください!

約7年ぶりに再会したセロイとスアですが、2人の関係性も気になるポイントですね!

次回からは、現在の時間軸で話が進んでいきそうです!

お楽しみに!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA