ヒョンビン写真集(海兵隊の日々)日本で再販ある?予約・購入する方法は?

2 min

「愛の不時着」でお馴染みのヒョンビンが兵役に服務した際に志願した組織が“海兵隊”です。

その“海兵隊”での様子をまとめた「ヒョンビン写真集、海兵隊に日々」が日本で発売予定でしたが、急遽発売中止になってしまいました。

今回は、「ヒョンビン写真集、海兵隊の日々」の発売中止の理由などをご紹介します。

「ヒョンビン写真集、海兵隊の日々」について

スポンサーリンク

2011年に最も過酷だと言われている“海兵隊”に自ら志願して入隊しました。

そんな“海兵隊”でのヒョンビンの様子が写真集になっています。

「ヒョンビン写真集、海兵隊の日々」の内容

ヒョンビンは2011年3月7日に“海兵隊”に入隊して2012年12月6日に除隊しました。

21ヶ月間の“海兵隊”での様子を写真集にしています。

題名『ヒョンビン写真集、海兵隊の日々』
発売日2020年9月7日
価格2,200円(税抜)
内容「ヒョンビン、限界に挑む。ーー海兵隊入隊ドキュメンタリーBOOK」の新訳での復刊です。
旧版では載せられていない写真も含まれている“完全版”として発売決定しました。

「ヒョンビン写真集、海兵隊の日々」が発売中止?

「愛の不時着」ロスのファンたちで予約殺到していた「ヒョンビン写真集、海兵隊の日々」が発売中止となりました。

朝日新聞出版はこうコメントしています。

「ヒョンビン、海兵隊の日々」発売中止のおわび」

2020年9月7日に当社から発売を予定していた『ヒョンビン、海兵隊の日々』ですが、原書の版元である韓国の出版社から翻訳出版契約を解除したいとの申し出があったため、日本版の発売を中止することにいたしました。刊行を楽しみにしてくださっていた皆様にご迷惑をおかけすることになり、誠に申し訳ございません。お詫び申し上げます。

引用元:朝日新聞出版公式サイト

なぜ急遽発売が中止されたかというと、

  • 今回発売される『ヒョンビン、海兵隊の日々』についてヒョンビン側は何も知らされていなかった
  • 写真の肖像権はヒョンビンでも所属事務所VASTエンターテインメントでもない

この2つの理由です。

ヒョンビンの所属事務所VASTエンターテインメントはこうコメントしています。

海兵隊広報という公益目的のために撮影した写真を使って、営利目的の出版をすることは問題だ。これに関連した内容を検討し、法的措置を取ることになるだろう。

VASTエンターテインメント

では肖像権は誰のものなのでしょうか。

肖像権は誰のもの?

肖像権はヒョンビンでもなく所属事務所VASTエンターテインメントでもなく韓国軍海兵隊にありました。

ヒョンビンは当時軍人の立場であったことから肖像権は適用されず韓国軍海兵隊に肖像権があります。

前回発売された『ヒョンビン、限界に挑む。ーー海兵隊入隊ドキュメンタリーBOOK』。

出版時に写真集の出版元であるプラネットメディアはこうコメントしています。

民間の出版社が自主的に制作し、海兵隊側の協力を得ていることもあり、特に問題視しなかった。

プラネットメディア

『ヒョンビン写真集、海兵隊の日々』の発売中止のまとめ

スポンサーリンク

今回は、「ヒョンビン写真集、海兵隊の日々」発売中止の理由などをご紹介しました。

要するに、

  • 韓国の出版元であるプラネットメディアが事務所にも写真家にも承諾を得ないで写真集を販売した
  • そして日本の朝日新聞出版と契約して日本での発売が決定した
  • ですが、勝手に写真集を売買しているプラネットメディアに対してヒョンビン所属事務所VASTエンターテインメントが法的措置を取ることにした
  • よって日本での発売も中止となった

「愛の不時着」ロスで楽しみにしていたヒョンビンファンにとってはかなり悲しい事実ですよね。

そんなときはヒョンビンの他のドラマなどをもう一度見直して癒されましょう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA