I-LAND(アイランド)はヤラセで台本あり?脱落システムがムナクソで見てられないとの声も!

2 min
アイランド

アイドルサバイバル・リアリティ番組「I-LAND」でヤラセや台本があるのではないかと話題になっています。

2020年6月26日(金)23:00~Part1が始まりすぐにヤラセ疑惑とは・・・。

M-net過去に不正があったのです。

今回はI-LAND(アイランド)のヤラセや台本疑惑、M-netについてご紹介していきます。

I-LAND(アイランド)初回放送の内容

引用元:https://iland.weverse.io/

初回放送の内容を簡単に説明します。

I-LAND 1話(初回)放送の内容

ビッヒ儲かりすぎ!オーディション施設に数億円…

23名の練習生が理想のアイドルを誕生させるために造られた巨大建築物「I-LAND」に入るためにシステムが提示するテストをクリアしなければなりません。

そのテストとは自由に順番を決めてパフォーマンスをし、23名の内12名がI-LANDに入れるとしたらどの練習生がいいか手をあげて決めるものです。

23名のうち16名が選ばれました。

  • SEON(セオン)
  • SUNGHOON(ソンフン)
  • JAY(ジェイ)
  • NICHOLAS(ニコラス)
  • NI-KI(ニキ)
  • HEESEUNG(ヒスン)
  • K(ケイ)
  • DANIEL(ダニエル)
  • EJ(ウィジュ)
  • SUNGCHUL(ソンチョル)
  • GEONU(ゴンウ)
  • TA-KI(タキ)
  • JUNGWON(ジョンウォン)
  • SUNOO(ソンウ)
  • YOUNGBIN(ヨンビン)
  • JAKE(ジェイク)

ですがI-LANDに入れるのは12名だけです。

I-LANDの定員を合わせるために次のステップを実行します。

そのステップとは、「自主投票で4人の追放者を決める」です。

I-LAND(アイランド)はヤラセ?台本がある?

「自主投票で4人の追放者」を決めなければいけないI-LANDでニキがタキを選んだのです。

あんなに仲が良かったのにこれはヤラセではないかと話題になっています。

ニキとタキは練習生時代を共に練習してきて一緒にデビューしたいとも言っていました。

急な展開で不信感は拭えませんね。

M-netは過去に不正している?

急な展開に不信感を抱いていたところM-netは過去にオーディション番組で不正投票操作を行っていたとファンから制作陣が告訴されています。

M-net側も正式操作を警察に依頼していました。

ですが、調べが進むにつれ視聴者投票の結果に違いがあることを発見しました。

なので今回のI-LANDも台本があってニキがその通りに演じていると思われても仕方がないのかもしれません。

しかし!ヤラセではないという可能性もあります。

デビューしてスターになるにはただの友達ごっこではやっていけません。

ニキはちゃんと考えてタキがもっと成長できるように脱落者に選んだのかもしれませんね。

I-LAND(アイランド)タキは脱落していない?

ニキがタキを脱落者として選んだのですが、実際はまだ脱落者が確定してはいません。

12名がI-LANDに行くのですが、残りの11名は「GROUND(グラウンド)」というところに行きます。

GROUNDは何もない倉庫のようなところで、中にあるモニターには“ここにいる限りデビューはできない”と書かれてあります。

なのでこれからあるであろうテストでI-LANDとGROUNDのメンバーが入れ替わったりするのではないでしょうか。

I-LAND(アイランド)ヤラセ・台本疑惑 まとめ

今回はI-LAND(アイランド)のヤラセや台本疑惑、M-netについてご紹介していきました。

ヤラセや台本疑惑はどうか本当のところはわかりませんが、練習生のレベルが高すぎてビックリしました。

実力者揃いなだけにヤラセや台本はあってほしくないです。

プロフィール写真とパフォーマンスしている姿とでは印象が違って見ていて楽しかったです。

今後もI-LANDから目が離せませんね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA