虹プロ花橋梨緒(リオ)プロフィール!EXPG出身でダンスがすごい!順位やインスタ画像も!

5 min
虹プロ リオ

世界で活躍するガールズグループ発掘オーディション番組「虹プロジェクト」。

このオーディション番組は、韓国3大事務所の一つであるJYPエンターテイメントと日本のソニーミュージックがコラボしてガールズグループを選抜するオーディション番組です。

今回は、私服もオシャレと話題の虹プロ花橋梨緒(リオ)のプロフィールや経歴などをご紹介していきます。

虹プロ花橋梨緒(リオ)のプロフィール

名前:花橋 梨緒(はなばし りお)

生年月日:2002年2月4日

年齢:18歳(2020年6月現在)

血液型:B型

身長:159㎝

出身:愛知県

趣味:ファッション・食べる事

特技:フリーダンス・たまごの大食い

リオは、虹プロメンバーの中でも一番大人っぽい印象で私服もオシャレと話題になっています。

そして「EXPG」に所属していた経歴もあります。

リオの身長について

所属グループの公式サイトから159㎝と公表されています。

リオの出身について

虹プロ予選オーディションで名古屋地区予選に出場しており、EXPGスタジオ名古屋校に所属していたので出身は愛知県の可能性が高いです。

虹プロ花橋梨緒(リオ)の性格

リオは、とてもクールで大人っぽく、自分をしっかり持っている性格だと思います。

JY.Parkにも自分は演技がしたいとはっきり答えていました。

一見クールで大人しそうな感じに見えるリオですが、仲間のために涙を流せる優しい一面も持っているんです。

練習生期間が一番長いユナが、「一番自分が上手くやらなきゃ」とプレッシャーを感じてしまって実力が発揮できませんでした。

ですが虹プロPart2のチームバトルの時、見事にスランプを脱出できたユナに対して涙していました。

とても優しい子なんだなと虹プロファンなら感じたと思います。

虹プロ花橋梨緒(リオ)の順位まとめ

リオの今までの順位をまとめてみました。

日本合宿の順位

ボーカル審査:13位

ダンス審査:9位

ボーカル審査、ダンス審査どちらも平均的な順位で韓国合宿に行くメンバーを決める時、なかなか名前が呼ばれずハラハラ、ドキドキしていましたが、最終的に10位で日本合宿を通過しました。

韓国合宿ミッション1の順位

今回のミッションは、個人レベルテストです。

個人レベルテストでは、YubinのLadyという曲を披露しました。

個人順位:6位

その場でキューブはもらえませんでしたが、トップバッターにも関わらず堂々とステージ負けしてなくキューブ獲得しました。

JY.Parkのコメント

「このようなステージに、ここまで大きなステージに立ったことはありますか?

僕が今の質問をした理由は、このように自分を着飾ってこのようなステージに立っている姿が不自然じゃないからです。

まず歌う前に、僕と話しながら立っている姿も不自然ではなかったし、表情も耐えることで精一杯という感じが全然ないです。

それがすごく印象的でした。

“そう、私はこのために生まれてきた人よ”と思っているように見えました。

そして本当にダンスに関しては、僕が特に指摘することがないくらい完璧でした。

リオさんがロックダンスをやっていたということが全然浮かばないくらい!

“ダンスは完璧でした。本当に上手く踊りました。”

(この曲は)手足をほとんど使わずに体の動きだけですごく細かい部分を表現しなければならないダンスですが、それを本当に上手く踊りました。

しかもただ上手く踊ったのではなく、リオさんだけの雰囲気を出しながら上手く踊りました。

しかし、音程がとても不安定です。

歌いながら感じましたか?感じませんでしたか?

リオさんは次の評価のときは、音程がどれだけ安定したか、それを中心に見ます。」

韓国合宿ミッション2の順位

今回のミッションはチーム対決です。

チーム対決では、マコチームでJY.ParkのSwing Babyという曲を披露しました。

チーム名はMr.お姉さんで、メンバーはマコ、リオ、マヤです。

チーム対決勝敗:勝利

個人順位:8位

チーム対決勝利によりキューブ獲得しました。

JY.Parkのコメント

「今まだトレーニング中で、デビューも決まってない練習生たちのステージだというのを忘れて見ていました。

メンバー1人1人全員がスターのように見えましたし、3人で踊るとき、腕の角度、動作の速さ、姿勢のすべてが3人で1人のように見えました。

僕が“良いステージになりそうだ”と感じたのが、最初にマヤさんとリオさんが2人でジャケットを着るスピードがほぼ同じでした。

そのあと、襟を立てる動作のスピードも同じでした。

そして2人がお互いを見るときの表情がウソではありませんでした!

本当にお互いを大切に想う気持ちがその一瞬の目つきと表情に全て現れていました。

僕が現段階で期待できるレベルそれよりはるかに!良いパフォーマンスでした。

期待以上でした。

リオさんは、3人とも本当に上手でしたがリオさんの声が一番豊かに聞こえました。

きついダンスを踊りながらも呼吸をしっかり下腹部で腹式呼吸をしながら歌ったので、その豊かな声量をしっかり維持しつつ音程まで安定して歌えていました。

それがすごく印象的でした。

今まではリオさんが歌が上手だとは思っていなかったのですが、“今日のステージはとても驚きました。”」

韓国合宿ミッション3の順位

今回のミッションは、3つのチームに分かれてバトルします。

3チームバトルでは、リマチームでITZYのICYを披露します。

チーム名はWe Blingで、メンバーはリマ、リオ、ニナ、リリアです。

3チームバトル順位:2位

個人順位:2位

キューブ獲得しました。

JY.Parkのコメント

「リオさんにダンスはすごくうまいけど歌手ではなくダンサーのようだと言ったことを覚えていますか?

当時の言葉が理解できましたか?

今日踊った練習生の中でリオさんが最高でした。

今日は観客は僕しかいませんが、僕とつながっているひもをしっかりとつかんだまま感情を通わせながら踊っていました。

力強さ、確性、柔軟性、雰囲気すべてが備わっていました。

しかも歌まで上手でした。

リオさんは東京合宿までは、目立つレベルではありませんでした。

でも今は完全に目立つほど上手でした。」

ファイナルステージの順位

ファイナルステージは、2チームに分かれて対決します。

チーム対決ではマコチームで、メンバーはマコ、リオ、アヤカ、アカリ、ユナ、リリアです。

2回戦あり、1回戦目は各チームのカラーに合わせてJY.Parkが作ったオリジナル曲で対決します。

マコチームは「虹の向こうへ」という曲を披露します。

2回戦目はデビュー曲で対決します。

デビュー曲は「Make you happy」という曲です。

いよいよファイナルステージです!

約1年でしたが、あっという間でした。

虹プロ花橋梨緒(リオ)はEXPG出身?

リオは中学2年生からEXPGスタジオ名古屋校に所属していました。

EXPGとは

EXPGとは、Exile professional Gymの略で、EXILEが子供たちに夢を叶える場所を提供したいという思いのもと開校した本格的なスクールです。

EXPGでは、三代目J SOUL BROTHERSの山下健二郎、小林直己や元E-girlsの石井杏奈など、多くのプロを輩出しております。

ちなみに、TWICEのサナも所属していたようです。

EXPG特待生だったリオは、以前2つのグループに所属していました。

2016年Bunnies(バニーズ)に所属

2016年にEXPGの特待生で作られたE-girlsの妹分Bunnies(バニーズ)に入ります。

リオ自体、EXPGに入ったのが2016年頃なのでEXPGに所属してすぐにBunnies(バニーズ)に入ったことになります。

その後、すぐに解散したみたいですが・・・

2017年Kizzy(キジー)に所属

2017年にEXPGの中でダンスやタレント性の高さを認められたメンバーで作られたKizzy(キジー)が結成されます。

その後2019年3月頃にKizzy(キジー)を脱退し、EXPGを辞めています。

EXPGを辞めた理由は「演技がしたいから」だそうです。

リオはこうコメントしています。

リオのコメント

「辞めてから自分がやってきたことを存分に活かせる場に(もう一回)立ちたいと思ったんです。

アイドルになりたいのかって言われたら、今までずっとアイドルだけを目指してきたとは正直言えないんですけど、とりあえず私は将来輝いた存在になることしか夢にないんで。」

そして2019年の夏に虹プロのオーディションに参加しました。

花橋梨緒(リオ)のインスタ画像

私服もオシャレなリオのインスタ画像はこちら。

もうモデルさんにいるみたいです。

どんどんキレイになっていませんか?

まとめ

今回は、虹プロ花橋梨緒(リオ)のプロフィールや経歴などをご紹介していきました。

自分をしっかり持っていてとても優しい18歳の女の子。

虹プロメンバーの中ではお姉さんグループです。

どんどん才能を開花していて将来に期待したいですね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA