ORβIT(オルビ) ヨンフンのインスタライブがTwitterトレンド入り!香水がまさかの勘違いで爆笑

4 min

ORβIT(オルビ)のヨンフンのインスタライブが話題になっています。

どんな内容で、香水で何か勘違いしたの?と気になる方に、インスタライブの内容をまとめました!

ヨンフンの勘違いがかなり面白かったですが、メンバーみんなが仲良くて観ていてほっこりしました^ ^

今回はオルビのメンバープロフィールも併せてご紹介します!

ORβIT(オルビ) プロフィール紹介

ORβIT(オルビ)とは

「PRODUCE 101 JAPAN」(日プ)というサバイバル・オーディションの人気練習生で結成した7人組日韓ボーイズグループです。

注目すべきは、デビュー評価で脱落したメンバーで構成されているということです。

メンバーは宮島優心、大澤駿弥、上原潤、安藤誠明、コンセプト評価後、番組を辞退したキム・ユンドン、チョン・ヨンフン、キム・ヒチョン。

ファン名称は「EαRTH(アース)」。

日本・韓国の合同グループであり、韓国人メンバーについては、兵役と関連する渡航制限の関係上、日本で活動する際は来日します。

日本人メンバーもそれを受け入れた上で、韓国人メンバーが入隊したとしてもいずれ帰ってこれる場所をつくりたいとグループを結成しました。

ORβIT(オルビ) メンバー

オルビのメンバー7人を紹介します。

名前:キム・ヒチョン

生年月日:1994年9月2日
血液型:B型
身長:186cm
体重:63kg
趣味:散歩
特技:振り付け作り

名前:上原潤
生年月日:1996年11月23日
血液型:B型
身長:177cm
体重:62kg
趣味:ラップメイキング、映画鑑賞
特技:ラップ、ギター、韓国語、英語

名前:大澤駿弥
生年月日:1997年5月18日
血液型:AB型
出身:東京都
身長:177cm
体重:61kg
趣味:Youtubeを見ること、Instagram
特技:ダンス(?)、鼻の穴をめちゃでかくする、ヤギのモノマネ

名前:宮島優心
生年月日:2000年12月13日
血液型:19歳
出身地:埼玉県
身長:163cm
体重:49kg
趣味:ダンス、歌うこと、サッカー、おいしいもの探し、自転車旅
特技:サッカー、ウインク

名前:安藤誠明
生年月日:1996年12月19日
出身:福岡県出身
血液型:A型
身長:173cm
体重:63kg
趣味:歌うこと、音楽鑑賞、映画鑑賞、スポーツ全般、釣り、筋トレ
特技:柔道、釣り、スポーツ全般、子供と遊ぶこと

名前:キム・ユンドン
生年月日:1995年2月19日
血液型:A型
身長:176cm
体重:61kg
趣味:サッカー、絵を描く
特技:ラップ

名前:チョン・ヨンフン
生年月日:1993年1月15日
血液型:B型
身長:180cm
体重:67kg
趣味:写真撮ること
特技:作曲、作詞

ORβIT(オルビ) 深夜の爆笑インスタライブ!勘違いした内容とは

7月17日夜11時半頃、大澤駿弥が始めたインスタライブに、ユンドン・ヨンフン・宮島優心(YUGO)が次々と参加し、夜中の12時54分頃まで続きました。

途中から加わった韓国在住のヨンフンが、トークをまわしていました。

最年長のヨンフンは、以前番組MCの仕事経験もありトークが上手く、日本語がまだ辿々しいのに明るく場を盛り上げていました。

ヨンフンはインスタライブに参加した4人の芸名を考え、さらに即興で出勤ソング(もちろん日本語)を作って歌い踊ってメンバーを巻き込みました。

話題になった勘違いとは、ヨンフンが「日本で最近流行っている音楽はないですか?」と尋ね、ユンドンが「(瑛人の)香水」と答えた事に端を発しています。

日本では大ブレイクの「香水」ですが、ヨンフンはその曲を知らず、「Perfumeじゃないですか? 聴いたことある。Perfume」と言い、Perfumeの動画を探し始めました。

日本にいる3人は違うと訂正しましたが、ヨンフンには伝わらず。

ヨンフンはPerfumeの「レーザービーム」のMVを見つけ、「これはHICOじゃないですか?」と真面目に話してました。(「PRODUCE 101 JAPAN」のレベル分けテストにてHICOというメンバーがPerfumeの「レーザービーム」を披露した)。

このやりとりは、日プ時代からのファンには嬉しい勘違いとなり大ウケ。

最終的には誤解も解け、ヨンフンは無事に瑛人の「香水」のMVを見つけました。

また、ヨンフンは菅田将暉が好きらしく、須田将暉の名前が芸名だというところから、「SHUNYAとかYUGOとか、やりたかった芸名ないですか?」と聞く流れに。

聞くや否やヨンフンは「僕が作ってあげます」と話し、メンバーに謎の芸名をつけ始めます。

命名した側からすぐ忘れたり、ちょっと前に提案した名前と少し違うものに変わっていたりしましたが、最終的には以下の芸名に落ち着きました。

大澤駿弥(SHUNYA)→『ゆみがわさる・たいちレンジュ』(後でSHUNYAがインスタストーリーに「弓川猿龍一 蓮成」と載せていた)

YUGO→『ジョージ石原』(小さくてかわいくて、外国人の名前が似合うから)

ユンドン→『すみこ炭じろう』

ユンドンがヨンフンに「自分の名前付けて」とお願いすると、ヨンフンは『おりのやさしくゆうだい』、最後は『ライド日向』と自分に名付けました。

上原潤についてのみ、前回の7人でのインスタライブの際に既に『ガブリエル』とあだながついていて、変更なしでした。

安藤誠明(TOMO)→『流れる滝』その後ヨンフンは思い直し訂正。『ラブリーキャンディポップメロメロラブリーキャンディポップメロメロ』と決定。

ヒチョンについて、芸名の提案はなし。ただし、ヨンフンが自分世代の流行語について「まんじ(卍)」に続き「ラテンマリア(過去に成功した人たちが自分の時代はこれと言う)」を挙げた際、ヒチョンの名前を出していました。ヒチョン→ラテンマリア??

勘違いの内容やあだ名のことなど、ヨンフンのトークは面白すぎて、あっという間に時間が過ぎてしまいました!

ネットの反応

なかなか勘違いに気づかないヨンフンに皆爆笑していたみたいですね。

ヨンフンのトーク力の高さで視聴者も皆とっても楽しんでいたようです。

まとめ

確かに日本にいる人じゃないと、香水って聞いたらPerfumeを連想してもおかしくないかもしれません。

でもみんなにあだ名をつけたり、色んな話題で爆笑に繋げるのはヨンフンのトーク力あってこそですよね。

イケメンなのにトークも上手いなんてすごすぎます。

これからもオルビから目が離せません。次のインスタライブも楽しみですね♪

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA