【パラサイト半地下の家族】映画フル動画配信を無料視聴する方法!配信サイトの料金を徹底比較

7 min

2020年2月に史上初のアカデミー賞を受賞した韓国映画「パラサイト 半地下の家族」のフル動画配信を無料視聴する方法を詳しくご紹介します。

Amazonプライムビデオでの先行配信(購入限定)、U-NEXTやHulu、Netflixなどの動画配信サービスでの配信情報についても徹底比較してどこでどうやって見るのがお得かをご説明します。

Amazonプライムビデオでは6月19日から独占先行配信。レンタルなしの購入形式で、4K UHD画質(2,500円)/HD画質(2,500円)/SD画質(2,000円)となっています。

映画「パラサイト 半地下の家族 」動画配信サイト配信状況

2020年6月25日時点の配信状況をご紹介します!

VOD配信無料トライアル特典MEMO
U-NEXTx31日間登録即600P付与
Amazonプライム購入限定30日間
Hulux2週間
Paravix2週間
FODx2週間・登録即100P付与
・8のつく日に400P付与
music.jpx30日間登録即1600P付与
Netflixxなしなし

パラサイトは2020年6月時点ではU-NEXTなどでレンタル配信はありませんが、

7月3日からはAmazon以外のサイトでもデジタル配信/レンタルがスタートするため国内最大級の動画配信サイトであるU-NEXT配信される可能性は高いです!

映画「パラサイト半地下の家族」を無料視聴するならU-NEXT

U-NEXTの概要

U-NEXTとは、「ないエンタメがない」をうたい文句にした、日本最大規模の映像配信サービス等を提供するサービスです。

見ることのできる動画は、類似サービスの中でも最大級で、なんと200,000本以上!
その中でも180,000本以上が見放題作品になっているんです♪

見放題作品を楽しむのはもちろん、最新映画も充実しています。

U-NEXTの特徴

  • 31日間無料体験ができる
  • スマホ・タブレット・PC・テレビなどで見れる
  • アプリにも対応している
  • ダウンロード機能によるオフライン再生ができる
  • 1つの契約で最大4つのアカウントが持てる

31日間の無料トライアルで、じっくり楽しめちゃいます!
家でも外でも、どこでも動画が楽しめますね♪

U-NEXTのメリット

  • 31日間という長期間、無料体験が楽しめる!
  • 無料期間のみの利用もOK!
  • 無料体験の登録だけで、600ポイントがもらえる!
  • 見放題作品数が180,000本以上で国内1位!
  • 最新作もいち早く配信される!
  • 雑誌も読み放題!
  • アダルト作品も取り扱いあり!
  • 通常会員では毎月1200ポイントがもらえる!
  • NHKオンデマンドにも対応している!
  • 大手キャリアで決済できる!

とにかく作品数が多いことが、U-NEXTの強みなんですよ♩
スマホ・タブレットで登録すれば、大手キャリア決済もできるので、クレジットカードがなくても利用できますよ。

U-NEXTの登録方法

U-NEXTの無料トライアルは、PCから、あるいはスマホ・タブレットから登録ができます。
違いは、選択できる決済方法が異なることです。
クレジットカードがない場合は、スマホかタブレットで登録を行いましょう。

それでは、登録方法をご紹介しましょう。

  1. U-NEXT公式HPにアクセスし、「まずは31日間無料体験」を押す
  2. 「次へ」を押す
  3. お客様情報を入力する
  4. クレジットカード情報を入力し、お客様情報を確認する
    ※スマホ・タブレットから登録する場合は、キャリア決済も選択できます。その場合はクレジットカード情報は必要ありません。
  5. 登録完了メールを確認する

以上で、登録できました。
さっそく600ポイントを受け取って、見放題作品と最新作を見に行きましょう!

U-NEXTの解約方法

続いて、U-NEXTの解約方法をご紹介しましょう。

  1. ブラウザからU-NEXTへログインする
    アプリからでは解約できません!
  2. 画面左上の「≡(横3本線)」を選択し、表示されたメニューから「設定・サポート」を押す
  3. 「契約内容の確認・変更」を押す
  4. 「月額プラン」の中の「解約はこちら」を押す
  5. 「次へ」を押す
  6. アンケートに回答し(任意です)、「同意する」にチェックを入れ、「解約する」を押す

以上で、解約完了です。

映画「パラサイト 半地下の家族」作品概要

公開日2020/1/20
監督ポン・ジュノ
キャストソン・ガンホ、イ・ソンギュン、チョ・ヨジョン
チェ・ウシク、パク・ソダム、イ・ジョンウン、チャン・ヘジン
配給ビターズ・エンド
制作国韓国
年齢制限PG-12
上映時間132分

映画「パラサイト 半地下の家族」あらすじ(ネタバレなし)

貧しいキム一家は、内職で細々とどうにか暮らしています。
キム一家4人が住んでいるのは、半地下住宅です。

日当たりが悪くただでさえ換気がしにくいのに、窓を開けると路上にまかれる消毒剤が入ってきます。
湿気が多く、水圧が低いために、家の中でも特に高い位置にはトイレが祭壇のように座しています…

環境の悪い家の中、一家は普通の暮らしがしたいと望んでいます。

息子ギウはある日、大学生の友人の留学中、家庭教師の仕事を代わりにやってくれと頼まれます。
ギウが向かうことになる家は、IT企業の社長パク・ドンイク一家が暮らす、高台にある大豪邸でした。

パク一家の信用を得たギウは、妹を子守役に、父を運転手にと、次々に家族を送り込んでいくのです。

こうして、貧乏一家のキム一家は、富豪一家のパク一家にパラサイトしていくのでした。

半地下とは、立地・環境などの条件が悪く、家賃が安い半分地下になった住居のことです。
日本人にはあまり馴染みがありませんが、韓国では割とメジャーな住居のようです。
半地下の家は、貧困の象徴として描かれることも。

映画「パラサイト 半地下の家族」キャスト

貧乏な主人公、キム家の4人を紹介しましょう。

キム・ギテク(演:ソン・ガンホ)

全員無職の貧しい4人家族、その大黒柱。
何度も事業に失敗して、将来の展望もなく、無職であるのに楽天的です。
ポン・ジュノ作品への出演は4作目となっています。

キム・チュンスク(演:チャン・へジン)

元ハンマー投げ選手で、メダリスト。ギテクの妻。
稼ぎのない夫に対し、強くあたります。

キム・ギウ(演:チェ・ウシク)

何度も大学受験に失敗し続けている、キム家の長男。

キム・ギジョン(演:パク・ソダム)

貧乏ゆえに予備校には通えていないものの、スキルはそこそこにある美大志望のキム家の長女。


続いて、続いて、キム家がパラサイトする富豪一家のパク家を紹介しましょう。

パク・ドンイク(演:イ・ソンギュン)

IT企業の社長。
キム一家にパラサイトされるパク家の大黒柱。

パク・ヨンギョ(演:チョ・ヨジョン)

パク社長の妻。
純粋を絵に描いたような、若くて美人な妻。

ムングァン(演:イ・ジョンウン)

パク家の家政婦。
パク家から信頼されている、敏腕家政婦。

パク・ダヘ

パク家の長女。ギウに家庭教師をしてもらうことになる。

パク・ダソン

パク家の長男。ギジョンに絵を指導してもらうことになる。

映画「パラサイト 半地下の家族」レビューサイトの評価

「パラサイト半地下の家族」の感想を、有名レビューサイトで見てみましょう。

Yahoo映画

★★★★ 4.06

韓国の経済現状が、よく表現されていましたね。貧富の差や学歴社会、そしてあの半地下の部屋。クライマックスもなかなか引き込まれました!面白かったです。

心に余裕はないけれど、悪人にはなりきれない。でも生き残るために悪人にならざるを得ない運命。
貧しい者同士奪い合わずに助け合うのがいいのではと思ったが、金持ちに奪われ、プライドを折られ続けるとそんな発想も沸いてこないのかもしれない。

序盤はコメディがかってて楽しい感じもあり、途中はなかだるみでなんだこんなものかと。
でも終盤は映画そのものの雰囲気がガラッと変わり、観ている人たちの感情を持っていかれる。

韓国社会の切り口が面白い。
登場する一家がある偶然の機会を活かして裕福な家に入り込み自分達の存在が家全体を好き勝手に作り変えて行く過程が面白い。
地下室に住む人が多いこと、そして競争社会の生き残りに向けた執念、色々と韓国固有の状況も分かって来る。そして最後の逆転劇と破綻、怖さと笑いが共存する微妙な世界は面白い。
アカデミー賞として高い評価を得たことも納得できる作品である。

正直イマイチだったかな
確かに面白いんだけど
映像もきれいだし、テンポも悪くないんだけど
もっとコメディだったらよかったのに
中途半端感がのこった後味だった

映画.com

★★★★ 4.0

映画館で観たときに様々なセリフやシーン、小道具、設定に「違和感」を感じた。その違和感こそが、何かを暗示し、象徴し、比喩している。例えば、いや特に雨や水。それが所々、皮肉めいており、笑えるコメディにもなっている。だけど、映画館を出たときに、もはやすべてのシーンが何らかの特徴的な意味がこめられているのではないかと考えたときに、恐怖すら覚えた。

貧困を描いた陳腐な映画かと思いきや、全く想像がつかない後半部分の展開。誰がああなることを想像できただろうか…。DVDなどではなく、映画館で観てほしい作品です。全員とは言わずとも、かなりの人が観てよかったと思えると思う。
というのも、胸糞になってもおかしくない映画なのに、思ったほど引きずらない。救われないが、どこか剽軽で、引き込まれる。絶妙なバランスを保った作品です。

経済格差を縦の構図を巧みに用いて描いた演出センスに脱帽する。何から何までセンスが良い作品だ。
本作は豪邸に住む富裕層と半地下の家に住む貧困層の格差について描いているが、さらにその下にも貧困層がいるという、二段構えで描いているのが素晴らしい。社会の実態は貧困層の間にも格差が拡がっており、それは富裕層と貧困層の格差ほど見えやすくないのである。経済格差を深刻なものだという意識を持つ人でも、貧困層は単純に「貧困層」というグループとしか捉えていない人も多いのではないか。しかし、この映画は描くように見えている貧困層の下に、さらなる「見えない貧困層」がいると示している。
これを示すために、物語の展開も縦の構図の画面作りなど、描きたいテーマと脚本と演出が絶妙にマッチしている。ポン・ジュノ監督はすごい。今後、映画の教科書として採用されてもおかしくない作品だろう。将来クラシック映画として名前を残すのではないだろうか。

グロテスクさは控え目だが、韓国独特のじめっとした陰湿な感じは満載だった。ストーリー展開も素晴らしい。

格差社会をバックにはしているが、話がぶっ飛んでいるので社会派ではない。社会問題を取り上げている作品としてみたら、突っ込みどころは満載。エンタメとしてみたら、笑える場面も多いしスピード感もあってかなりいい。ただストーリー展開の半分は意外だが、半分は予想通りで、それほど怖くもない。人間の描写もそんなに深くはない。オスカーはもらっておかしくないレベルの作品だが、パルムドール向きとは思えないのだが。

Filmarks

★★★★ 4.2

面白過ぎてびっくり。
途中までは、面白いけど展開も読めそうだしまぁまぁの作品かな〜と思っていたが、物語は想定外の方向へ。まだあるのかまだあるのかと、加速してどこまでも進んでいき、終わった後の余韻がすごかった。
格差社会を描いているけれど、上層民を悪い金持ちとして描くのではなく、寧ろ良い人達のように描き、悪意なく無意識に下層民を見下している様子が、とてもリアルに感じた。
韓国映画はあまり観たことがなかったが、手を出してみて本当によかった。
アカデミー賞受賞後は映画館が混雑してたらしいので、とる前に行っておいてよかった。

前評判を聞いた上での鑑賞でしたが、無事圧倒されました笑
ストーリーに振り回されて次に何が来るのか手に汗握った映画は久しぶりで、とにかく一度は観ることをおすすめしたいです。
サスペンスは途中で予想通りの展開になったり、クライマックスが来たとわかるものが多いですが、「パラサイト」は(いい意味で)盛り上がりがこれでもか!と続きます。

最後には匂わせて終わることで「なぁ、ここで終わったほうがオシャレやろ??」みたいなのの多いこと。
最初の前置きトントン拍子に端折って、そこからをしっかり時間かけて外堀をうめてくれる。
ストーリーに(多分)抜けはないし、フラグは全部拾うし本当に素晴らしいの一言。
最後のシーンは痺れました。

伏線回収も、見終わった後の考察させてくる感じもすべて面白かった!
韓国映画をはじめて観たが、人間関係とか格差とかわかりやすく表現されていて他の韓国映画もみてみたいなーという気持ちになった。
内容もとっても面白かったです。金持ち家の娘ちゃんと、半地下家の姉がとてもすきになった!

話題だったのでやっと観た。
笑いもあるし、怖さもあるしテンポも良かったのでダレるところもなかった。
他の人のレビューを見て、なるほどなぁと感心したけど
好みの問題。何も心に残ってない。

 

★4つ以上の高評価が並んでいました♪
格差社会、伏線、意外な展開とラスト…おもしろさとメッセージ性を感じる映画のようですね。考えさせられるという意見も多かったです。

映画「パラサイト半地下の家族」アカデミー賞での評価

2020年2月、第92回アカデミー賞で、「パラサイト半地下の家族」は、

  • 作品賞
  • 監督賞
  • 脚本賞
  • 国際(長編)映画賞

以上の、四冠を達成しました!

外国語映画が、最も重要な賞である作品賞を受賞したのは初めてとのこと…これは、とんでもない快挙ということになりますよね!
韓国映画がノミネートされること自体が初めてなんですって!これはすごい…

「パラサイト半地下の家族」は、冒頭からテンポが良く、飽きさせない作品だったとのこと。純粋におもしろいと感じさせるストーリー展開だったんですよね。

貧富の格差やそれによって生じる差別的な感情などの非常に現代的なテーマが、ユーモアを交えて描かれていたことや、衝撃的な結末…それらが巧みでおもしろく、評価につながったのでしょう。

ポン・ジュノ監督作品

ポン・ジュノ監督の作品をいくつかご紹介しましょう。

ポン・ジュノ監督の、長編映画デビュー作です。閑静なマンションを舞台に起きた、小型犬連続失踪事件をめぐる物語です。犬好きな人にはおすすめしにくい映画です。国の文化というものの重みやその排他性について、考えさせられる作品です。

実際に起きた、未解決連続殺人事件がテーマとなったサスペンスです。1980年代の韓国警察の、暴力的な姿勢や捜査のずさんさが描かれています。2019年に実際の事件の犯人が特定され、そのことでも話題になった作品です。

巨大な怪物が漢江(ハンガン)から突然現れ、人間が捕食されるモンスターパニック映画です。
在韓米軍の思惑が絡む中、娘をさらわれた父が奮闘します。米軍の言葉、方針、怪物が生まれた原因がわかる時、何とも言えない気持ちになるでしょう。

3人の監督による、東京を舞台にした3つの物語を競作した映画です。ポン・ジュノ監督は、「TOKYO!/シェイキング東京」を担当しました。ポン・ジュノ監督初の海外作品です。10年間引きこもっていた男が、恋した女性を追って外の世界へ踏み出していく物語です。男は、外の世界がおかしくなっていることに気づきます…香川照之さん、蒼井優さん、竹中直人さんら個性的なキャストが出演しています。

テーマや世界観、ファンタジーや半ノンフィクションなど、ポン・ジュノ監督が描く物語は多岐に渡ります。そのために飽きることなく、毛色の異なる衝撃を味わわせてくれるのでしょうね♪

まとめ

映画「パラサイト半地下の家族」のフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介しました。
「パラサイト半地下の家族」を見るには、無料トライアル期間が31日間と長く、見放題作品も多いU-NEXTが一番おすすめですよ♪

無料トライアル期間は、予告なく変更されたり終了したりします…お得に使える今、サクッと登録して楽しんじゃいましょう!

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA